「作業効率向上により、時間外労働の昨年と休暇の取得促進に努めます」というTokyo働き方改革宣言を行いました。